ふら・ふぅぷ

気ままに気楽に・・
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
RECOMMEND

*特進アフィリエイトプロジェクト*
2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら! 特進アフィリエイト

LINKS
BOOK / CD
幸福論
幸福論 (JUGEMレビュー »)
須藤 元気
哲学的な格闘家、須藤元気さんによる、四国88箇所巡りについてのエッセイ。
BOOK / CD
舞
 (JUGEMレビュー »)
菅井えり
透明でありながら、独特で力強い、菅井えりさんの歌声とコーラス。日本の歌なのに、ADIEMUSを彷彿とさせます。
Pick up ! -かわいいグッズ

エレクトロラックス 電気ケトル
必要な時に必要な分だけ沸かす経済的で安心な電気ケトル。小さいケトルって、ちょっとだけ飲みたい時に便利なんですよね。
----------------------------------
PROFILE
キレイと健康を手に入れる!

私も毎日飲んでいます!

呼吸法によるダイエット!


魅力度アップ! ラブコスメティック ラブコスメティック
SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
「トンマッコルへようこそ」の試写会に行って来ました!


先日『トンマッコルへようこそ』の試写会に行って来ました!

この映画は2005年に公開され、数々の映画賞を総なめにした韓国の大ヒット映画です。なんでも、6人に1人が見た計算になるのだとか。すごい人気ですよね。

試写会にいってみて、その訳がわかりました。
美しいトンマッコルでの幸せな気分が存分に味わえ、そして、笑いと涙と感動とがめいっぱい詰まっている映画なんです。

あまりにも色々な感情を映画という短い時間の中で体験したので、見終わった後、いい意味で体がくたびれていました。

王冠2映画の舞台は、朝鮮戦争時代。「子供のように純粋な村」 トンマッコルに偶然やってきたアメリカ兵、南軍兵士、そして北軍の兵士たち。
最初は敵対している兵士たちの心も、村人達と接するうちにだんだんほぐれていき、次第に笑顔を魅せるようになります。そんなトンマッコルにもある危機が迫ってくるのですが、そのとき兵隊たちは、村人たちは・・・!?

ネタバレになるので、その続きは映画館でぜひ見てくださいね。ただひとつ、誰でも幸せな場所は守りたいんだな・・ということ!

トンマッコルは架空の村名らしいのですが、村の幻想的で暖かいイメージとぴったり。

自然の風景は非常に美しく(特に竹林が素晴らしい!)、村の光景は心を和ませてくれます。のほほんとした村人たちの、くったくのない笑顔や純粋さなどを見ているうちに、トンマッコルワールドにどんどん引き込まれていきました。

ちなみに出演者は、『JSA』で日本でも知られているシン・ハギュンさんや『シルミド』のチョン・ジェヨンさん、『オールド・ボーイ』のカン・ヘジョンさんなど。

シン・ハギュンさんは『JSA』やドラマで見たことはあったのですが、この映画でついにファンになりました。ラブラブ

トンマッコルにぴったりの印象で心に残る音楽は、あの『もののけ姫』『ハウルの動く城』でも有名な久石譲さんが担当されているそうです。

『トンマッコルへようこそ』のホームページでも久石さんの音楽を聴くことができますよ。

あ〜、トンマッコルにまた行きたい・・・、そんな風に思える大切な一本に出会えたことに感謝しています。
| はび | 映画/ドラマ | comments(0) | trackbacks(3) |
ハン尚宮役ヤン・ミギョンさんのファンクラブ
チャングムの誓い」で、チャングムの師ハン尚宮を演じたヤン・ミギョンさんの日本でのファンクラブができたそうです。そういえば、本国でもハン尚宮は人気が高く、視聴者の要望で出演回数が延びたと聞いたことがあります。日本でもファンが多いんでしょうね。

毎週この番組をNHK総合で見ているのですが、本当に完成度が高いな〜といつも感心しています。しかも魅力的な女優さんが多いんですよね〜。ニコニコ 

ヤン・ミギョン日本公式ファンクラブ
| はび | 映画/ドラマ | comments(2) | trackbacks(0) |
「雪に願うこと」その2-試写会での舞台挨拶
先のブログにも書きましたが、先日の試写会では、映画の前に監督や出演者の方々の舞台挨拶がありました。そうそうたるメンバーでしたし、取材陣もかなり来ていましたので、見る前から何故かこちらが緊張してしまいました。

まず、根岸監督、伊勢谷友介さん、佐藤浩市さん、小泉今日子さん、吹石一恵さんの順に舞台へ登場されました。

根岸監督は、80年代の頃の若手監督のイメージが未だに残っていたのですが、すっかり白髪のダンディな監督になられていて、自分のイメージとのギャップにちょっと驚きました。

伊勢谷友介さんは、足が細くて長い方ですね。舞台では随分あがっていらしたようで、その言動がとても面白かったです。そのままの印象で映画を見始めたら、挨拶で見た伊勢谷さんとは全然違うのでビックリ!スーツを着た伊勢谷さんは見た目も違う上、落ち着いた演技で魅せてくれました。将来が楽しみな演技派の役者さんをまた1人見つけたといった感じです。

東京国際映画祭で最優秀助演男優賞を受賞された佐藤浩市さんは、随分昔からドラマや映画でたくさん拝見していて、映像からは何となく「土の匂い」を感じさせる男優さんだと思っていましたが、舞台上の浩市さんはもっとずっと都会的な印象で、素敵な俳優さんです。もう少しお話が聞けたらよかったかなと思いました。

先のブログにも書いたのですが、小泉今日子さんと吹石一恵さんがでてきたところで、その華やかな姿に客席がどよめきがあがりました。女優さんお2人は舞台の上でも落ち着いた感じを受けました。

小泉今日子さんは、噂どおりお顔の小さな方でした!観客の熱気のこもった視線から、ハンパではない人気の高さを感じました。映画では落ち着いた演技で、厩舎の「お母さん」役でしたが、実物の今日子さんは良い意味で昔と変わらないキラキラした女優さんでした。

吹石一恵さんは背の高い方で、映像でみるとややあどけない顔立ちの印象があったのですが、実際はきりっとしたシャープなタイプの美人です。ミニスカートの似合う、すらっとした長い足が印象的でした。若いけれど、落ち着いた雰囲気でした。やはりこれからが楽しみな女優さんです。
| はび | 映画/ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |
「雪に願うこと」 試写会
先日、第18回東京国際映画祭で史上初の四冠を獲得したという映画雪に願うことの試写会に行ってきました。

事業に失敗した主人公が戻った故郷のばんえい競馬で出会ったウンリュウという挽馬(ばんば)。兄や母との再会。そして兄が働く厩舎での個性豊かな人たちとの交わりを通して、主人公の中で変わっていったものとは・・。さりげないようで、しっかりと私の心の中に轍(わだち)を残した素敵な映画でした。

実は、映画を見た日は体も心も疲れていて、ため息をたくさんついて出かけたのですが、映画を見終わって、心の中がほんわり暖かくなり、みずみずしさを取り戻して元気に帰りました。

ちなみに、ばんえい競馬というのは、この映画の世界にたったひとつしかない北海道の文化遺産なのだそうです。普通の競馬と違うのは、騎手はソリにのり、馬にひいてもらうところ。また、ばんえい競馬のゴールは鼻先でなくソリの最後端が通過するときというのが面白いなと思いました。

それから映画の前には、根岸吉太郎監督、主演の伊勢谷友介さん、佐藤浩市さん、小泉今日子さん、吹石一恵さんによる挨拶や写真撮影もありました。皆さん華やかで、出ていらしたときは客席にはどよめきが!伊勢谷さんは何となくひょうきんな感じで楽しかったですよ。

| はび | 映画/ドラマ | comments(0) | trackbacks(2) |
「相棒」
最近テレビづいていて、毎週見る番組が増えてきました。

その中のひとつが水谷豊さんと寺脇康文さん主演の「相棒」。生活安全部の特命係という、捜査一課の片隅(隣?)にあるのに、捜査一課からは煙たがられている2人が活躍するドラマで、現在がシーズン4なんだそうです。以前は、刑事ものといえば、海外のドラマばかり見ていましたが、今シーズンになってからは、残業や用事がない限り見るようになりました。

毎回面白いなと思って見ているのが、「トリオ・ザ・捜一」の3人。特に、寺脇さん扮する亀山刑事とトリオの1人川原和久さんが演じる伊丹刑事とのやりとりが笑えます。役者さん同士が楽しんで演じているような、そんな雰囲気がただよってきます。シリーズ数が多くなってくると、常連メンバーの息もあってくるんでしょうね。鑑識課の人や、いつも特命係にお茶を飲みにやってくる薬物対策課長さんもいい味だしてます。

間もなくシーズン4の最終回なのだそうですが、きっと最終回でもトリオはコミカルな演技で楽しませてくれることでしょう。
| はび | 映画/ドラマ | comments(0) | trackbacks(0) |